保育士の求人情報満載!保育士の求人なら保育マルシェ

研修・求人に関してのお問い合わせはこちら 03-5809-9273

保育士の求人情報満載!保育士の求人なら保育マルシェ

ハンガリー 担当制の保育が子供の発達を見守る

「学ぶ喜び」をテーマとした保育

0,1,2歳の乳児保育は担当性保育。育児(オムツ替え、食事介助、着替え)を決まった保育士さんが行うハンガリー保育。
園児一人ひとりに担当の保育士がいて、育児を通して発達を見守り常に自分の状態を理解してくれる。
そんな、園にいるもう一人のお母さんに育まれて自分のペースですごすことが出来る保育が学べます。

安心して生活できる環境があるから自分が尊重されていると言う感情が自然に芽生え相手のことも尊重できるようになれます。
3,4,5歳の幼児保育は異年齢が1つのクラスを形成し、環境、文化に対する理解を深めるための幼児遊び(世話遊び、模倣遊び、構造遊び)と幼児の発達にさまざまな影響を及ぼす保育を中心に行っています。

プログラム内容(例)

日程 都市名/発着 交通機関 現地時間 日程 <宿泊地> 食事
1日目

東京(成田)/発
ウィーン/着

ウィーン/発
ブタペスト/着

OS52

OS721

12:15
16:15

17:20
18:05

オーストリア航空にて、空路ウィーンへウィーン着後、乗継
オーストリア航空にて、空路ブタペストへ
ブダペスト着後、専用車にてホテルへ
<ブダペスト泊>
機内食L
2日目 ブタペスト滞在 終日 保育園にてミーティング
くまのプーさん保育園視察
保育園にて昼食
視察後、ブダペスト市内観光(英雄広場・大聖堂・ブダ城等)
レストランにて夕食
<ブタペスト泊>
B
L
D
3日目 ブタペスト滞在 終日 マイバ乳児保育園視察
保育園にて昼食
視察後、自由行動
レストランにて夕食
<ブタペスト泊>
B
L
D
4日目 ブタペスト滞在 終日 マイバ幼児保育園視察
視察後、自由行動
夜、オペラ鑑賞
<ブタペスト泊>
B
L
×
5日目 ブタペスト滞在 終日 グドゥルー大学前広場保育園
視察後、自由行動
<ブタペスト泊>
B
L
×
6日目

ブタペスト滞在

終日 自由行動
おすすめ:西洋美術館の「レンブラントと17世紀のオランダの絵画展」
パターン① 1日自由
パターン② 希望者のみ午前中、センテンドレへ
夜、レストランにて、ミーティングと夕食
<ブタペスト泊>
B
×
D
7日目

ブダペスト/発
ウィーン/着

ウィーン/発

OS714

OS51

11:20
12:10

13:05

専用車にて空港へオーストリア航空にて、空路ウィーンへ
ウィーン着後、ご自身にて乗継
オーストリア航空にて、空路 成田へ
B
機内食L
機内食D
8日目 東京(成田)/着 08:15 成田空港到着後解散
お疲れ様でした

※ 交通機関並びに時刻,視察訪問先は変更になることがあります。
B:朝食 L:昼食 D:夕食 X:食事なし

研修のポイント

「乳児が安心して過ごせる人的・物的環境とは」、「乳児期の担当制保育(常に同じ保育士が育児すること)の意義」、「遊びと学習との関係」など、複数の乳児幼児保育園の訪問から学びます。
日本での保育指導経験も豊富なガイドが同行します。

風土

ハンガリー
独立 1989年
公用語 ハンガリー語
首都 ブタペスト
人口 998万人(日本1億2653万人)
国土面積 930,30k㎡(日本377,961k㎡)
人口密度 16人/k㎡(日本337人/k㎡)
生涯出生率 1.34人(日本1.4人)
共働き率(6歳未満の子供) 30.1%(日本35.2%)
通貨 フォリント
国土の特徴 2004年EUに加盟。海に面していない内陸国。国土の大半がなだらかな丘陵となっており、大陸性気候の比較的穏やかな気候で、年平均気温は10℃前後。
各地に温泉が湧き出るヨーロッパ有数の温泉大国。

体験者の声

  • 保育士の落ち着いた対応が、こどもの情緒の安定につながると思えた。
  • 子ども達の全ての言動に対して、言葉をかけて対応していたのが最も印象的。
    子どもの心の育ちにつながっていると感じた。
  • 保育者(もっと言えば国民)の価値観、モラル、ルール、受け入れ方が一致していることに驚いた。
  • 今回学んだ保育「子どもに寄り添い、対話しながら見守られる愛情あふれる保育」を今後実践していきたい。
  • 同行ガイドさんの保育観にも共感できた。
  • 指導上の注意点を質問したら、「指導」ではなく「手助け」だと指摘され、傲慢になっていることを反省した。また、「学ぶ」姿勢の重要性を実感した。
  • 日常の時間、空間が流れる保育を実際に見て、自分の園でもどのようにしたら良いか、考えるきっかけになった。
  • 子どもたちにとって環境設定がなぜ重要か、満ちた心が育まれる保育環境とは何か、分かったような気がする。
  • 子ども達のペースで日常が流れ、必要な時のみサポートする、見守る姿勢が徹底されていた。
海外保育研修旅行で、より輝いてみませんか?
保育マルシェは、頑張る大人を支援します。✓ 自分にできることを増やしたい
✓ 自分の世界を広げたい✓ 最先端の保育を学びたい✓ 子供に世界を伝えたい
ハンガリー 担当制の保育が子供の発達を見守る

「学ぶ喜び」をテーマとした保育

0,1,2歳の乳児保育は担当性保育。育児(オムツ替え、食事介助、着替え)を決まった保育士さんが行うハンガリー保育。
園児一人ひとりに担当の保育士がいて、育児を通して発達を見守り常に自分の状態を理解してくれる。
そんな、園にいるもう一人のお母さんに育まれて自分のペースですごすことが出来る保育が学べます。

安心して生活できる環境があるから自分が尊重されていると言う感情が自然に芽生え相手のことも尊重できるようになれます。
3,4,5歳の幼児保育は異年齢が1つのクラスを形成し、環境、文化に対する理解を深めるための幼児遊び(世話遊び、模倣遊び、構造遊び)と幼児の発達にさまざまな影響を及ぼす保育を中心に行っています。

プログラム内容

2014年12月1日〜2014年12月8日
グローバルキッズ ハンガリー(ブタペスト)視察研修8日間
日時 都市名/発着 交通機関 現地時間 日程 <宿泊地> 食事
1日目

東京(成田)/発
ウィーン/着

ウィーン/発
ブタペスト/着

OS52

OS721

12:15
16:15

17:20
18:05

オーストリア航空にて、空路ウィーンへウィーン着後、乗継
オーストリア航空にて、空路ブタペストへ
ブダペスト着後、専用車にてホテルへ
<ブダペスト泊>
機内食L
2日目 ブタペスト滞在 終日 保育園にてミーティング
くまのプーさん保育園視察
保育園にて昼食
視察後、ブダペスト市内観光(英雄広場・大聖堂・ブダ城等)
レストランにて夕食
<ブタペスト泊>
B
L
D
3日目 ブタペスト滞在 終日 マイバ乳児保育園視察
保育園にて昼食
視察後、自由行動
レストランにて夕食
<ブタペスト泊>
B
L
D
4日目 ブタペスト滞在 終日 マイバ幼児保育園視察
視察後、自由行動
夜、オペラ鑑賞
<ブタペスト泊>
B
L
×
5日目 ブタペスト滞在 終日 グドゥルー大学前広場保育園
視察後、自由行動
<ブタペスト泊>
B
L
×
6日目

ブタペスト滞在

終日 自由行動
おすすめ:西洋美術館の「レンブラントと17世紀のオランダの絵画展」
パターン① 1日自由
パターン② 希望者のみ午前中、センテンドレへ
夜、レストランにて、ミーティングと夕食
<ブタペスト泊>
B
×
D
7日目

ブダペスト/発
ウィーン/着

ウィーン/発

OS714

OS51

11:20
12:10

13:05

専用車にて空港へオーストリア航空にて、空路ウィーンへ
ウィーン着後、ご自身にて乗継
オーストリア航空にて、空路 成田へ
B
機内食L
機内食D
8日目 東京(成田)/着 08:15 成田空港到着後解散
お疲れ様でした

※ 交通機関並びに時刻,視察訪問先は変更になることがあります。
B:朝食 L:昼食 D:夕食 X:食事なし

研修のポイント

「乳児が安心して過ごせる人的・物的環境とは」、「乳児期の担当制保育(常に同じ保育士が育児すること)の意義」、「遊びと学習との関係」など、複数の乳児幼児保育園の訪問から学びます。

風土

ハンガリー
独立 1989年
公用語 ハンガリー語
首都 ブタペスト
人口 998万人(日本1億2653万人)
国土面積 930,30k㎡(日本377,961k㎡)
人口密度 16人/k㎡(日本337人/k㎡)
生涯出生率 1.34人(日本1.4人)
共働き率(6歳未満の子供) 30.1%(日本35.2%)
通貨 フォリント
国土の特徴 2004年EUに加盟。海に面していない内陸国。国土の大半がなだらかな丘陵となっており、大陸性気候の比較的穏やかな気候で、年平均気温は10℃前後。
各地に温泉が湧き出るヨーロッパ有数の温泉大国。

体験者の声

  • 保育士の落ち着いた対応が、こどもの情緒の安定につながると思えた。
  • 子ども達の全ての言動に対して、言葉をかけて対応していたのが最も印象的。
    子どもの心の育ちにつながっていると感じた。
  • 保育者(もっと言えば国民)の価値観、モラル、ルール、受け入れ方が一致していることに驚いた。
  • 今回学んだ保育「子どもに寄り添い、対話しながら見守られる愛情あふれる保育」を今後実践していきたい。
  • 同行ガイドさんの保育観にも共感できた。
  • 指導上の注意点を質問したら、「指導」ではなく「手助け」だと指摘され、傲慢になっていることを反省した。また、「学ぶ」姿勢の重要性を実感した。
  • 日常の時間、空間が流れる保育を実際に見て、自分の園でもどのようにしたら良いか、考えるきっかけになった。
  • 子どもたちにとって環境設定がなぜ重要か、満ちた心が育まれる保育環境とは何か、分かったような気がする。
  • 子ども達のペースで日常が流れ、必要な時のみサポートする、見守る姿勢が徹底されていた。
海外保育研修旅行で、より輝いてみませんか?
保育マルシェは、頑張る大人を支援します。✓ 自分にできることを増やしたい
✓ 自分の世界を広げたい✓ 最先端の保育を学びたい✓ 子供に世界を伝えたい