保育士の求人情報満載!保育士の求人なら保育マルシェ

研修・求人に関してのお問い合わせはこちら 03-5809-9273

保育士の求人情報満載!保育士の求人なら保育マルシェ

フィンランド 教育先進国で学ぶ先端保育

「学ぶ喜び」をテーマとした保育

国別学力ランキング(PISA)で上位に位置する教育政策は、幼児教育から始まっています。
就学前の時期は、勉強を詰め込むのではなく
「人としてどう生きれば幸せか?」「学ぶ喜び」等をテーマとした保育が行われています。

特に子どもに対して保育士の数が多く、遊びを通して文字、数を覚えていきます。
園児が自分の家にいるようにくつろいで、自由に遊びながら、自然に友達と周りのことを学んでいく保育が特徴です。

プログラム内容(例)

日程 都市名/発着 交通機関 現地時間 日程 <宿泊地> 食事
1日目

東京(成田)/発
ヘルシンキ/着

ヘルシンキ/発
ヴィヒティ/着

AY-074

専用車

09:00
11:00

15:20
夕刻

成田空港第2ターミナル集合。
フィンランド航空にて、空路ヘルシンキへ
(所要約10時間20分)
到着後、入国・通関手続き。
専用車にてヴィヒティ(約1時間)到着後、ホテルヘ
<ヴィヒティ/ホテル>
機内食D
2日目 午前
午後
ヴィヒティ市役所または保育園にてレクチャー保育園にて保育実習①
<ヴィヒティ/ホテル>
B
L
D
3日目 終日 保育園にて保育実習②
<ヴィヒティ/ホームステイ>
B
L
D
4日目 終日 保育園にて保育実習③
<ヴィヒティ/ホームステイ>
B
L
D
5日目 終日 ホストファミリーと過ごします
<ヴィヒティ/ホームステイ>
B
L
D
6日目

ヴィヒティ/発
ヘルシンキ/着

ヘルシンキ/発

専用車

AY-073

午前
午後

17:15

専用車にてヘルシンキ到着後ヘルシンキ観光(大聖堂、元老院広場など)専用車にて空港へ
帰国の途につく
B
L
機内食D
7日目 東京(成田)/着 08:55 着後、入国・通関審査 機内食

※ 交通機関並びに時刻,視察訪問先は変更になることがあります。
B:朝食 L:昼食 D:夕食 X:食事なし

研修のポイント

「見守り保育」「コーナー保育」など、子ども中心の保育を掲げる実践現場を複数訪問します。
加えて、国別学力ランキングで常に上位に位置するフィンランドの幼児教育現場も訪問。
もちろん、首都ヘルシンキ周辺の観光の時間もしっかり取っています。
2~3泊は現地の方々の家にホームステイして、文化や生活の違いも体感していただきます。

風土

フィンランド
独立 1917年
公用語 フィンランド・スウェーデン語
首都 ヘルシンキ
人口 543万人(日本1億2653万人)
国土面積 338,145k㎡(日本377,961k㎡)
人口密度 16人/k㎡(日本337人/k㎡)
生涯出生率 1.8人(日本1.4人)
共働き率(6歳未満の子供) 49.4%(日本35.2%)
通貨 ユーロ
国土の特徴 1996年EUに加盟、国土の8割が森林に覆われた寒冷気候
大半が平坦で約18万の島々と湖がある自然豊かな国。

体験者の声

  • 子どもを子どもとして扱わずに「人」として扱っている。
    そして何よりも子どもの意見を尊重し、自主性を大切にしていると思った。
    なぜフィンランドが学力世界一なのか、分かったような気がした。
  • フィンランドの保育の素晴らしさを感じると共に、
    日本の保育の素晴らしさも改めて感じることができました。
    保育以外にもホームステイで生活の違い、文化の違いを肌で感じることできました。
  • 制度や文化の違いは大きいけれど、子どもの成長を願い、
    大切に思う気持ちは世界共通だということを改めて実感しました。
    また、自分の経験値を広げること、感じる心を育てることで自ずと接する子どもたちにも
    良い影響が産まれるのだと感じました。
  • ソファーがあったり、コーナー遊びができるような部屋の作りだったりと
    日本よりも家庭的な雰囲気を感じた。
    保育者は子どもと遊ぶというよりは見守る感じであった。
    文化の違いはあるが、子ども中心の保育をしようという姿勢、考え方を取り入れつつ、
    日本の文化に合った保育の仕方を考えながら仕事をしたい。
海外保育研修旅行で、より輝いてみませんか?
保育マルシェは、頑張る大人を支援します。✓ 自分にできることを増やしたい
✓ 自分の世界を広げたい✓ 最先端の保育を学びたい✓ 子供に世界を伝えたい
フィンランド 教育先進国で学ぶ先端保育

「学ぶ喜び」をテーマとした保育

国別学力ランキング(PISA)で上位に位置する教育政策は、幼児教育から始まっています。
就学前の時期は、勉強を詰め込むのではなく「人としてどう生きれば幸せか?」「学ぶ喜び」等をテーマとした保育が行われています。

特に子どもに対して保育士の数が多く、遊びを通して文字、数を覚えていきます。
保育園は自分の家にいるようにくつろいで、自由に遊びながら、自然に友達と周りのことを学んでいく保育が特徴です。

プログラム内容

2014/06/03
グローバルキッズ フィンランド研修
日時 都市名/発着 交通機関 現地時間 日程 <宿泊地> 食事
1日目

東京(成田)/発
ヘルシンキ/着

ヘルシンキ/発
ヴィヒティ/着

AY-074

専用車

09:00
11:00

15:20
夕刻

成田空港第2ターミナル集合。
フィンランド航空にて、空路ヘルシンキへ(所要約10時間20分)到着後、入国・通関手続き。
専用車にてヴィヒティ(約1時間)到着後、ホテルヘ
<ヴィヒティ/ホテル>



D
2日目 午前
午後
ヴィヒティ市役所まは保育園にてレクチャー保育園にて保育実習①
<ヴィヒティ/ホテル>
B
L
D
3日目 終日 保育園にて保育実習②
<ヴィヒティ/ホームステイ>
B
L
D
4日目 終日 保育園にて保育実習③
<ヴィヒティ/ホームステイ>
B
L
D
5日目 終日 ホストファミリーと過ごします
<ヴィヒティ/ホームステイ>
B
L
D
6日目

ヴィヒティ/発
ヘルシンキ/着

ヘルシンキ/発

専用車

AY-073

午前
午後

17:15

専用車にてヘルシンキ到着後ヘルシンキ観光(大聖堂、元老院広場など)専用車にて空港へ
帰国の途につく

B
L




D
7日目 東京(成田)/着 08:55 着後、入国・
通関審査


※ 交通機関並びに時刻,視察訪問先は変更になることがあります。
B:朝食 L:昼食 D:夕食 X:食事なし

研修のポイント

「見守り保育」「コーナー保育」など、子ども中心の保育を掲げる実践現場を複数訪問します。
加えて、国別学力ランキングで常に上位に位置するフィンランドの幼児教育現場も訪問。
もちろん、首都ヘルシンキ周辺の観光の時間もしっかり取っています。
2~3泊は現地の方々の家にホームステイして、文化や生活の違いも体感していただきます。

風土

フィンランド
独立 1917年
公用語 フィンランド・スウェーデン語
首都 ヘルシンキ
人口 543万人(日本1億2653万人)
国土面積 338,145k㎡(日本377,961k㎡)
人口密度 16人/k㎡(日本337人/k㎡)
生涯出生率 1.8人(日本1.4人)
共働き率(6歳未満の子供) 49.4%(日本35.2%)
通貨 ユーロ
国土の特徴 1996年EUに加盟、国土の8割が森林に覆われた寒冷気候
大半が平坦で約18万の島々と湖がある自然豊かな国。

体験者の声

  • 子どもを子どもとして扱わずに「人」として扱っている。
    そして何よりも子どもの意見を尊重し、自主性を大切にしていると思った。
    なぜフィンランドが学力世界一なのか、分かったような気がした。
  • フィンランドの保育の素晴らしさを感じると共に、
    日本の保育の素晴らしさも改めて感じることができました。
    保育以外にもホームステイで生活の違い、文化の違いを肌で感じることできました。
  • 制度や文化の違いは大きいけれど、子どもの成長を願い、
    大切に思う気持ちは世界共通だということを改めて実感しました。
    また、自分の経験値を広げること、感じる心を育てることで自ずと接する子どもたちにも
    良い影響が産まれるのだと感じました。
  • ソファーがあったり、コーナー遊びができるような部屋の作りだったりと
    日本よりも家庭的な雰囲気を感じた。
    保育者は子どもと遊ぶというよりは見守る感じであった。
    文化の違いはあるが、子ども中心の保育をしようという姿勢、考え方を取り入れつつ、
    日本の文化に合った保育の仕方を考えながら仕事をしたい。
海外保育研修旅行で、より輝いてみませんか?
保育マルシェは、頑張る大人を支援します。✓ 自分にできることを増やしたい
✓ 自分の世界を広げたい✓ 最先端の保育を学びたい✓ 子供に世界を伝えたい